マイナポータルとは

マイナポータルの概要 などについて説明しています。
MENU

マイナポータルとは

■マイナポータルの概要
マイナポータルとは、自宅のパソコンからインターネット経由で個人情報のやりとりの記録が確認できるシステムで、別名「情報提供等記録開示システム」とも呼ばれており、2017年1月から利用できる予定となっています。パソコンを保持していない方にも利用できるよう、公的機関への端末設置も予定されているそうです。

 

■マイナポータルでできること
マイナポータルでは、主に次のようなことが出来るようになると言われています。まず、マイナンバーの付いた個人情報が、行政機関によっていつどことやりとりされたかの確認。合わせて、行政機関が保有する個人に関する情報に関する確認。行政機関などから一人ひとりに合ったお知らせを表示するお知らせ情報の確認。他にも、各種社会保険料の支払金額や、確定申告等を行う際の参考情報の入手等です。

 

■マイナポータルのログイン方法
マイナポータルへログインするには、次の手順が必要です。まず、マイナンバーカード(個人番号カード)を発行・取得。マイナンバーカードが無い場合は、「書面による開示請求」が必要になります。そして、ICカードリーダを用意する。リーダ自体は2000円程度で購入可能です。最後にマイナンバーカードをICカードリーダに読ませて、暗証番号入力後、ログインという流れです。セキュリティの観点から、マイナンバーを入力せず、カードを利用した認証方式になっています。

 

■マイナポータルの今後(民間利用等の可能性)
現時点では検討段階ですが、マイナポータルの今後の活用方法として、電力、水道などライフラインや銀行などの民間企業に一斉に転居先を伝えられる「ワンストップ機能」による引越し手続等の簡略化や、納税などの決済手続きのキャッシュレス化サービスが期待されているとの事です。"

このページの先頭へ
アルバイト