株の利益、家賃収入はいずれもバレます。今からその対策を

株の利益、家賃収入はいずれもバレます。今からその対策を
MENU

株の利益、家賃収入はいずれもバレます。今からその対策を

今回は誰もが気になるマイナンバーのこととして私が日々学んでいることをお伝えしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

では本題ですが【株式投資や賃貸収入が本業の会社にマイナンバーでばれるのか?】ということについてお話させていただきます。

 

バレるかバレないかというと基本的にはバレます。この基本的にというのは雇用契約がある場合です。正社員、契約社員、派遣社員(登録元)にバレます。しかし、年度の途中で退職した場合は事後報告的なバレかたになります。(実は株やってました的な)軽い感じになります。退職していますので関係はないのですが心象は良くないと思いますのでこの方法を考えている方はよく検討してください。

 

なぜ、バレるのかは証券会社はマイナンバーの登録が必須条件だからです。2016年の1月から登録作業に入りますので現在、証券口座を使っていない方はあらゆる誤解を避けるためにも解約されたほうがいいのかなと思います。

 

そして、家賃収入ですが、正直これは微妙ということになります。バレる場合もあればバレない可能性もあるということになります。バレない場合はたこ部屋みたいなところで直接徴収をしている場合(つまり、徴収者がポケットに入れてしまう)とバレません。

 

また、不動産登記の部分が絡んでくるサブリースというものがあります。これは大家さんとの取り決めがあり、その契約書には固定資産税をどちらが納めるのかということでバレるかどうかということになります。不動産の場合は土地の所有者と物件自体の所有者が違うこともあり、私の知る限りでは大家さんで届出してないから手渡しにしてという方がいます。

 

振込みにされると口座にお金の動きがあったと税務署に目をつけられるからです。このような大家さんも実は一定数います。いかがでしたでしょうか。このように基本的にはバレます。今のうちから面倒な要素を取り除くために口座の解約をおすすめいたします。

 

このページの先頭へ
アルバイト