マイナンバー 配送 民間企業

民営企業に配送を任せるのもどうなんでしょう?
MENU

民営企業に配送を任せるのもどうなんでしょう?

マイナンバーの交付が始まりましたが、そのやり方に少々疑問があります。そもそも大切な個人情報を郵送で通知するというシステムは誰もが不安に思うはずです。実際にご発送の事案も起こりましたので、国民の不安は膨らんでいくばかりです。

 

元は国営とはいえ郵便局が発送を行っていますが、なぜ民営企業が個人情報を扱うのでしょう?そもそも個人情報は入手されれば悪用され放題の代物ですので、発送前に見ることやミスで落とすなどをされればその時点で流出となります。

 

大切な情報が詰まっている物を簡単に流出できるようなシステムで通知する国には疑念しかありません。なので最初から本人が市役所で届け出をしなければいけない、というやり方にすれば誤発送などのミスは最初から起こらなかったはずです。役所への負担は大きくなると思いますが、それでも流出することで悪用されることを考えれば有意義な仕事ではないでしょうか。

 

そもそも番号通知を行って、希望者のみカード発行を行うという制度を作り上げていることもおかしいと思います。マイナンバーカードを持っていれば市役所に行かなくても住民票などの発行が可能になり利便性が増します。

 

その他にも身分証としての役割を担いますが、これを通知を受けてから役所に届け出を提出しなければ効力を発揮しないというのはどうでしょう。番号だけ持っていても利用できる場面は少なく、何のためにマイナンバーがあるのだろうと疑問を感じる人もいるはずです。

 

そういった疑問を解消するため、またマイナンバー制度の仕組みをしっかりと理解してもらうためにも、番号の発送で済ませるできではありません。役所に勤める人間たちが国民に対して制度の説明を行う場として機能させるべきだと感じます。ただでさえ無理勝手に実施された制度ですので、せめてシステムのことを国民へ理解させる努力を国は行うべきです。

このページの先頭へ
アルバイト